葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

お腹に赤ちゃんがいるとわかったとき

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切なのは葉酸の摂取です。

継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は順調に進むようになりますし、妊娠中の女性の健康のためにも必要になってくるビタミンです。

葉酸はどうしても、普段の食事だけではなかなか摂取できません。

毎日安定した量の葉酸を摂るためにサプリメントや薬を使うのも有効です。

赤ちゃんを待っている方はビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。

その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低下させる効果があるからです。

けれども、いくら摂っても良いわけではないことが気がかりな点です。

葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息の症状が出ることもあるようです。

摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。

冷え性不妊を招くと言われています。

体温低下で血行不順になると代謝が落ちて、生殖機能が落ちるといった報告があります。

古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。

血流のわだかまりを解消し、代謝機能を底上げするだけでなく、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。

見たところ全く関連性がなさそうなことですが、実は妊娠と歯の健康とには大変深い関係性があるのです。

最近の研究からわかってきたのですが、歯周病は早産や低体重児出産の発生のリスクを高めることが明らかになりました。

もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方は早いうちに治療を受けた方がいいと思います。

最近のことですが、妊活に効くものとして、世間ではお灸が注目され始めているようです。

伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして目立った副作用がないことも魅力です。

妊活に効果的なツボは多く存在していて、ご家庭でも可能なお灸なども登場しとても気軽にできるようです。

是非とも試してみてください!