葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、

妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。

けれども過剰摂取に気をつけないといろいろな副作用の症状が出てきます。

症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど全身のあちこちに副作用が起き、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリや錠剤を使うなら、決められた摂取量を厳守しましょう。

葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。

ですので、食材を調理して摂取しようと考える場合には気を付けてほしいポイントがあります。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱しなければいけない場合、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。

もし面倒だな、と感じる方はサプリによる葉酸摂取が良いでしょう。

妊活と言えば、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本来、夫婦であるならば妊活は男女ともども行うものといえます。

そういうわけで、男性の行う妊活としての食事について考えていきましょう。

妊活中の男性が摂るべき栄養素として、亜鉛アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。

毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。

煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって健康に問題が出て妊娠しにくくなるケースがあるのです。

もちろん、喫煙の影響は女性のみの問題とは言えず、男性側にも同じことが言えるでしょう。

喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性は精巣機能低下が報告されています。

妊活中の場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」と却下されました。

しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと自分も葉酸サプリメントを飲み始めました。

たちまち効果が出るわけではありませんが、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。