葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠かすことができません。

葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、出産後の母子双方にも必要なものです。

最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸が重要な役割を果たすので、妊娠を望んでいる女性ならば、できる限り多めに摂るように努めた方が赤ちゃんの健やかな成長に役立つでしょう。

妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるので自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。

親友の話なのですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、よく漢方を飲んでいたと思います。

彼女の話では、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。

漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。

彼女は漢方を続けていたようです。

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。

毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に妊活アプリというものが人気を博しています。

面倒な基礎体温の記録ができたり、排卵日の予測が可能だったり、上手にアプリの機能を活用すれば手間をかけず、役立てることが出来ます。

女性のみかと思われるかもしれませんが、男性用のアプリもあるようです。

うっかり忘れやすい妊娠の確率が高い日を知らせてくれる機能があるのでさりげなく男性に伝えることが出来ます。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、ぜんぜん妊娠できなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、やりきれない気分でした。

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。

野菜のうち、大根やゴボウや人参のような根菜類の場合は、体を温める作用があります。

一方、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏が旬である野菜に多く存在しています。

果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、スムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので温かい飲み物がよいと思います。