葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であるこ

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは広く知られてきたことですが、それにとどまらず、妊娠している間はずっと十分な量の葉酸が、母子にとってとても大事な栄養素なのです。

葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体の貧血や妊娠中毒症のリスクも下がります。

このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで必要量は確保して欲しいと思います。

葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だとは、よく聞かれます。

実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ葉酸サプリなどの摂取を始めた方が良いということをあなたは聞いたことがありますか?ということは、妊娠を考え始めたときが葉酸の摂取を意識して欲しい時期だと言えるのです。

妊活を考えている方は、意識して葉酸を摂ることから始めましょう。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。

具体的に、葉酸を多く含む食品は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。

葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが難しい方は、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。

サプリメントであれば簡単に済ますことが出来ます。

妊活で大切なこと、それは基礎体温の測定です。

基礎体温を測って分かることは体がどういう状態にあるか知ることが出来て、状態として妊娠しやすいかどうか、妊娠の可能性があるかどうかや、排卵日がいつなのかなど重要なデータを把握できるのです。

詳しく説明しますと、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測るとわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。

赤ちゃんがほしくて妊活をされている方は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。

野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、食べることで体を温める効果があり、お勧めです。

それとは逆に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。

果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので温かい飲み物がよいと思います。