葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

少しでも早く子供を授かりたくて妊活を行う時

少しでも早く子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養に留意することはとても大切です。

肥満はよくないですが痩せたいという思いは置いておいてきちんと栄養を摂るようにしましょう。

おやつは「栄養補給のため」と考えて、食べ過ぎさえしなければストレスを解消するという意味でも効果的です。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリを利用するのが、最もポピュラーですね。

それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠3か月までだと言われていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。

ですので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、同じことが書かれていたため、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度にたくさん摂らなければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。

妊娠しやすくなるために、大変重要なのは質の良い睡眠です。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと活性酸素が産生され、そのことが原因で、卵子精子の酸化が進んで、劣化します。

加齢に伴って性機能が低下していくスピードを少しでも遅らせるよう、妊活時には睡眠不足をさけるようにしましょう。

暑くなってくるにつれ、うっかりグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、妊活の最中は、いつにも増してできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けるほうがベターだと言えるでしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。

飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において常に体を温めることを意識しましょう。