葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降

葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。

病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。

なので、普通の食事を摂っていたならば、ある程度は摂取できるのです。

アロマには心身のバランスを良くする作用があり、最近では妊活にも使われています。

アロマを待合室で焚く産婦人科もあるようです。

ローズのアロマは、妊活中の女性に人気を博しています。

ローズのアロマオイルはホルモンバランスを調整し、ストレス解消の作用があります。

不安感を解消させる効果があり、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも妊活中の女性に人気です。

そもそも、葉酸は水溶性ビタミンなので食品の保存や調理の過程で水に溶け出してしまうのです。

しかも、熱に弱いビタミンなので水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。

ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることはなかなか難しいですよね。

そう考えていくと、調理する上でゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。

妊娠を計画している、妊活中の方にとって、栄養補給や体調管理のためのサプリはたくさんの種類がありますね。

選ぶ基準としては、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。

葉酸の成分には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、妊活中の夫婦それぞれに効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。

賛同者はきっと多いと思うのですが、カイロを妊活に使うことを本当にすすめたいです。

靴下を2足重ねて履いたり、インナーに分厚いものを着たりと工夫しても、冷え性に悩まされている私はすぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。

これじゃ妊娠しにくいですよね。

それでも、雑誌で読んでカイロを使ったらなんと、その冷え性が改善してしまったのです。

低温ヤケドしてしまうので、直貼りは禁物ですが、服の上からの利用は、妊活中の人にはすすめたい方法の一つです。