葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

早くお母さんになりたかった私は、雑誌やインターネッ

早くお母さんになりたかった私は、雑誌やインターネットのサイトで葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると胎児がすこやかに発育するのには最も良いとあちこちに書かれていたので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、過剰摂取だけ気をつければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、まだまだ、出産するまで葉酸を摂っていこうと思います。

皆さんは「マカ」というものを知っていますか?これは特に男性のスタミナアップを目的として使われますが、効果はこれだけではないんです。

妊活中の女性の、血行促進作用があるため、体を妊娠しやすい状態に整えられます。

それに加えて、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、基礎体温の波形も正常になって、体内の安定を図るのに貢献してくれます。

治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが挙げられると思います。

更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。

妊娠している全ての女性がすこやかな子供の発育のために摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。

「葉」がつくくらいですから、野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが本当は果物からもたくさん摂取できるもので、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。

どんな食材に多く含まれているかを知って、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。

なかなか妊娠に繋がらないと、精神的にも肉体的にも落ちてしまいやすいです。

ストレスがあることにより生殖機能が低下させられますので、そのまま続けていると負のスパイラルとなってしまうかもしれません。

そういうわけで、いっそのこと妊活を休むのもいいかもしれません。

本当に、妊活休止後、間もなくして妊娠することが出来たという人はよくいます。

ご自身の年齢や、医師と相談の上、一度休んでみることも考慮してはいかかでしょう。