葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中に黒豆茶を摂取することは、とて

妊活中に黒豆茶を摂取することは、とても合理的なものだと言えます。

なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊娠中や妊活中であっても安心して飲めるお茶ですし、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。

よく知られているように、イソフラボンを摂ると肉体や精神のバランスを安定させてくれる作用が期待できますから、欠かさずにあたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。

妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。

もし葉酸の摂取を始めるのであれば、妊娠の判定後では遅いのではないかという見方もあるわけです。

その理由は、妊娠初期こそ葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。

理想的には、子供が欲しいと思ったら葉酸を摂り始めることが女性に求められているのです。

妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。

よく言われているように、喫煙によって体にマイナスに作用して健全な妊娠に差し障る場合があります。

当然のことですが、これは女性だけではなく男性にも当てはまるのです。

喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。

妊活中の場合はご夫婦での禁煙をすすめ、身近な喫煙者にも協力してもらうのが良いと思います。

妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。

寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。

妊娠初期の神経質な時期には良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか管理しやすい為、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから是非試してもらいたいですね。

重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。

もしそこまで長く摂れないようであれば、どんなに短くても妊娠中期までは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、必要量が摂取できるように絶えず注意を払ってください。