葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポート

妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。

ピジョン葉酸サプリについて調べてみると、数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠にまとめて詰め込まれています。

こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。

ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。

赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方には葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。

ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。

その名の通り、葉物野菜やブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので日頃から野菜不足を感じている方や葉物野菜が好きでない方は特に良いでしょう。

近年、妊婦の摂取における有効性に注目が集まっている葉酸は、お腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が判明しました。

そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が推奨しているんです。

今では葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。

また、こうした食品の中にはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦が利用する場合も少なくありません。

妊活の際に漢方を取り入れる人も多いです。

即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので妊娠しやすい体づくりに有効です。

昨今では薬局でも販売されていて、簡単に買うことが出来ます。

「費用が気になる」という人もおられると思います。

その様な方には不妊治療のために漢方薬を取り扱っているような病院に行ってみましょう。

診察を受けなければなりませんが、保険適用となります。

最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、ビタミンのひとつです。

その効果は定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。