葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

野菜の中でも、多くの葉酸が含

野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜と呼ばれるものが該当します。

妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。

葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。

毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。

納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。

特に女性の場合は、妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。

それは何故かというと、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠しているという認識がまだない時期に、お酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。

また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり体を冷やす作用もあるため妊娠の確率を上げるためには避けた方がよいでしょう。

忙しく暮らしている妊活中の女性に妊活アプリというものが人気を博しています。

手軽に基礎体温の記録が可能だったり、排卵日がいつなのか予測してくれたりと、アプリの機能を上手く使うことで役立つツールとなります。

女性向けには留まらず、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。

妊娠しやすい日を通知する機能もあるため、子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう。

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。

通常の食事での摂取とは別に、よりたくさんの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。

葉酸を十分に摂取することで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合にはサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、無添加葉酸サプリメントを見極めることもポイントです。

葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠初期から多めに摂っていくことが大事な栄養素です。

本当にたくさんのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、購入時に気をつけなくてはならないのは配合されている成分を全て確認することです。

妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいので不要な添加物や香料が入っていない身体に優しい製品を探しましょう。