葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも大事でしょう。

精子卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が良くないのを放置していると、受精しやすい活発な卵子精子)というのは、期待しにくいでしょう。

妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。

バランス良く健康的な食習慣を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

親友の話なのですが、妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を服用していました。

その子の話によると、体質から変えたい、と考えているようでした。

漢方であれば、妊娠中でも安心感があると思います。

漢方を続けていた彼女は、赤ちゃんを妊娠しましたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、何冊かの女性誌の特集記事でサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、共通して書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、過剰摂取だけ気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。

最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、できる限りたくさん摂取しようと何となく思ってしまう方もどこかにいるのかもしれませんが、他の栄養素と同じように、葉酸の過剰摂取は副作用として、全身症状を起こすことがあります。

症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。

呼吸障害が起きる重篤な例もあります。

葉酸は1日あたり1000μgが摂取の上限なので、超過にはくれぐれも気をつけてください。

妊活中の健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。

どのようなものがお勧めかと言うと、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。

葉酸の成分には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。

また、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それと、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。

ですので、妊活中の夫婦それぞれに効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。