葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊が続く状態を打破するために、食事を見直すことも大

不妊が続く状態を打破するために、食事を見直すことも大事でしょう。

栄養をもとに卵子精子も作られているので、乱れた食習慣を続けていては充分な活動量を持つ精子卵子は、あまり期待できないでしょう。

妊娠しやすさのためには夫妻そろって規則的で栄養バランスに配慮した食事を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血行促進がかなり知られています。

血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性不妊を引き起こすともされているのでもしそうした症状にお悩みなら意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。

また、ビタミンEを同時に摂ると相乗効果が期待できると覚えておいてください。

妊娠したいと考えている女性なら葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。

それには大きな意味があり、子供に起こる先天性障害の可能性を低くする効果が確認されているためです。

ただし、過剰摂取したときの影響が考慮されなければなりません。

子供に起きる問題としては、将来、喘息の発症を招くことがあります。

葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。

これまでほとんど便秘することはなかったのに、妊娠してから便秘しやすくなったという方は案外多いようです。

大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸の中で細菌が正常に働いていないとあらゆる栄養素がうまく吸収されないことになります。

腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は吸収され、体内で使われるため、葉酸など栄養素を十分に摂取したければ、腸内環境を正常に保つことを意識していくべきです。

治療段階で判明する不妊の原因というと、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性の方での問題と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが考えられます。

ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。

不妊対策をしたいと思ったら、男女ともに検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。