葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健

葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。

ですから、体内に蓄積するということはありません。

とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

ビタミンB群の一つとして、葉酸は多様な働きをしますが、その中の全身の血行促進が重要なこととして挙げられます。

身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰痛、肩こり、冷え性不妊なども血液循環が原因とされているので、もしそうした症状にお悩みなら意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。

同時にビタミンEを多めに摂ることで、血行改善の効果はさらに高くなります。

流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することは合理的な選択だと言えます。

理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることは間違いありませんし、原材料である黒豆の成分であるイソフラボンが女性ホルモンに近い働きをするからです。

よく知られているように、イソフラボンを摂ると肉体や精神のバランスを安定させてくれる作用が期待できますから、積極的にホットにした黒豆茶を飲むのが良いと思います。

妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大事でしょう。

卵子はもちろん精子だって、親の体内で造られるのですから、不健全な食習慣の下では充分な活動量を持つ精子卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。

妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、規則的で栄養バランスに配慮した食事を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。

妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

中でも特に赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は大変重要なポイントですよね。

こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが大切です。

ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。

葉酸のサプリであれば計算や摂取もそこまで負担にはなりませんので一番簡単な方法だと言えます。