葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

近頃、我が国では妊活に悩まさ

近頃、我が国では妊活に悩まされている夫婦がたくさんいらっしゃると思います。

少子高齢化が憂慮され、赤ちゃんを産みたくても上手くいかなくて悩んでいる夫婦は割合的には増加しています。

国はもっと総力を結集して、安心して子供を作り、そして育てることのできるような国にすべきだと考えます。

妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。

「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。

軽く息が上がる程度の運動は新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリの利用を考える時には、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが配合されているものを選ぶのが良いでしょう。

目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。

こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけてください。

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、共通して書かれていたため、妊娠に向けて葉酸サプリメントを飲むことにしました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、過剰摂取だけ気をつければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。

煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。

妊活中に煙草を吸うと、様々な悪影響が体に与えられ妊娠に適さない体になりやすいのです。

こうした問題は女性だけではなく男性側にも言えるでしょう。

女性に関して言えば排卵障害など、男性については、精巣の機能が低下するといった影響があるようです。

ですから、妊娠を希望している場合は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。