葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠中の女性は、望ましい葉酸の

妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、480μg、妊娠前の約2倍の量を摂れば不足にも過剰にもならない量です。

しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の摂りすぎの害も知られています。

上限を超える葉酸の摂取が続くと熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を引き起こす可能性があるので、過剰摂取にも配慮が必要です。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンに分類される葉酸は水に溶けやすい特長があります。

他の性質としては、熱に弱いことも挙げられます。

どのように調理するかによって摂取量が半減することもあるくらいです。

とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。

ですから、調理の時も長時間加熱しないなど気を配るのが葉酸を効率よく摂る上で重要なポイントでしょう。

妊活というものは、生命の神秘を管理しようとする非常に難しいものなので当たり前のように成果が表れるものではありません。

ですから、途中でやめてしまうこともあるようですが、これは大変もったいないと思います。

成功確率は上がっているので、そう深く考えないで、自分のペースで続けてください。

妊娠しやすい体づくりのために、大事なことは質の良い睡眠をとるということです。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと活性酸素が増えてしまい、そのことが原因で、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

年齢が上がっていくと同時に衰退していく性機能の低下を食い止めるためにも妊活の最中は睡眠をたっぷりととることに努めましょう。

大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。

友達はベルタから出ているサプリが気になっているようでした。

葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと雑誌で読んだことがあったので、妊娠したと言っていた友達に勧めました。

友達には悲しんで欲しくないですし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと応援しています。