葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠がわかったその時には、葉酸の摂取がとても大事にな

妊娠がわかったその時には、葉酸の摂取がとても大事になります。

葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育はある程度助けられますし、母体も健康に過ごせるようになるため重要な役割を果たす栄養素なのです。

いろいろな食材を食べるように意識している方でも、葉酸は毎日きちんと摂ることが難しいものです。

食事だけでは摂りにくい分はサプリメントや薬を使うのも有効です。

全ての妊婦から見て、とても重要な栄養素の一つが葉酸です。

葉酸といえば、葉物の野菜に豊富に含有されており、主な食材と言えば枝豆やほうれん草などが手に入りやすいでしょう。

中でもほうれん草は妊娠していれば、葉酸と一緒に摂りたい鉄分も豊富に含んでいるため、ぜひ毎日の献立に取り入れることをすすめます。

子供を授かりたいと思うならば栄養不足にならないよう注意したいものですが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので体内に蓄積されにくい宿命を持つ栄養素でもあります。

モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどからも多く摂ることができますから、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。

私は、妊娠がわかったすぐ後で葉酸サプリメントを飲むようになりました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと妊娠判定の席で言われたのですが、どうなったらサプリメントを止めて良いのかということは一切話がありませんでした。

そのため、1袋飲んだところで次を買いませんでした。

ところが、授乳が終わるまで葉酸を摂った方が良いと最近聞いたので再開したのです。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?受胎時からおなかの中の赤ちゃん細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす危険性があります。

こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。