葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活の結果が長らく出なければ、心も体も疲弊していき

妊活の結果が長らく出なければ、心も体も疲弊していきます。

ストレスは生殖機能に悪影響で結果として悪循環になってしまう可能性があります。

そういうわけで、思い切って妊活を休止したほうがいい場合もあるのではないでしょうか。

実際に、妊活を休んですぐ妊娠できたという場合も多いです。

年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。

葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、身体に良くない作用をすることがあります。

食欲がなくなる、吐き気が起きる、熱が出るなど様々な出方をしますが場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

赤ちゃんと自分のためだと言っても過剰摂取にも害はあるのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を守っていくことが大事ですよ。

一般的に、妊活中にコーヒーを飲むことは好ましくないとされています。

よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えを取り除く必要のある妊活ではあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。

とはいえ、今までコーヒーをいつでも飲んでいて我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日に2、3杯のコーヒーを飲む方が、ストレスが厳禁な妊活には良いでしょう。

ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。

赤ちゃんは生まれてくると、盛んに細胞分裂を進めながら外界に適応するべく成長するのです。

いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。

そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母子どちらからも求められる栄養素なので、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまで葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。

妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。

胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

これを野菜だけで摂取するのは難しいと思いますから、サプリを活用してみるのが良いと思います。