葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。

本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。

1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸サプリメントも取り入れました。

私はラッキーだったのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。

やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。

近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。

生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい盛んに細胞分裂を進めながら急激な発達を遂げます。

その過程でたくさんの葉酸が必要になります。

一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまで必要な量の葉酸を摂っていきましょう。

受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントを飲んだ時の効果は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。

さらに、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12があるのです。

なぜなら、ビタミンB12も葉酸と共に大切な栄養素なのですが、葉酸が過剰に摂取されると、ビタミンB12が不足したことがよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。

栄養素の中でも、特に葉酸は妊娠初期に摂らなくてはならない栄養素だと言えます。

脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸細胞分裂を盛んにする働きがあるからです。

葉酸が、何に豊富に含まれているのか教えて欲しい、毎日の献立の中に上手く取り入れられないと頭を抱える方は、青汁などを補助的に飲んで、必要な量を摂っていきましょう。

赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。

妊活時に漢方を服用する人も増えています。

漢方による体質改善効果で身体を妊娠しやすくするのに役立ちます。

昨今ではドラッグストアにも置かれており、簡単に買えるようになりました。

費用が心配だという方には、漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。

まず診察が必要となりますが、保険を使った支払いとなります。