葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも

妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。

普通の食生活で推定される摂取量では、適切な量の摂取が難しいとされています。

ですから栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売られていますので、葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。

大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか考えている女の人も結構いるのではないでしょうか。

難しい問いですが、答えるとするならば、未婚の女性も既婚の女性も、そのうち出産をしたい女性であれば、いつでも行ってよいものと言えると思います。

妊活は、すぐに妊娠する目的だけではなく体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。

そのため、いつ始めてもいいと言っても過言ではありません。

葉酸は、妊娠初期に多く摂りたい栄養素です。

だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

それは長すぎるというならば、どんなに短くても妊娠中期までは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなくお母さんが元気で過ごすためにも必要となる栄養素なので欠乏しないように意識的に摂ることが必要とされています。

第一子がなかなか出来ず、不妊治療に通い、現在は妊娠三ヶ月です。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

基礎体温でタイミングを見計らっても、ぜんぜん妊娠できなくて、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、自分はどうなのだろうと不安になりました。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤の服用を始めると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。

ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠中だけの摂取でも、もちろん構いません。

一方で、葉酸は体に有益な様々な働きをしてくれます。

中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。