葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月

基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。

ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそれは違います。

お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が重要な期間だという事です。

ですから、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。

というのも、体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体を温める必要のある妊活中には避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。

けれども、普段からコーヒーを愛飲していて控えると逆にイライラするという場合は、出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日2杯から3杯を上限に飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。

アロマというものは心と体の調和を整える効果がありますので、妊活にも効果があります。

中には待合室でアロマを使っているクリニックも出てきているのです。

妊活をしている女性の間では、ローズのアロマが人気です。

ホルモンバランスを適正に保ち、不妊の原因となるストレスの解消に役立ちます。

心配事を打ち消して、女性ホルモンの分泌をよくするイランイランも妊活には効果的でしょう。

妊娠をきっかけに病院が行う栄養指導や、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は熱によってその大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

なかなかそこまで意識できないかもしれませんが、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。

葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう絶えず注意を払ってください。