葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてよりたくさんの葉酸を摂るよう正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合には赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。

子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、好きな飲み物がコーヒー系の飲料で、飲む習慣がある方は注意してください。

コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やします。

冷えてしまうと血行不良になってしまい、妊娠するのに大切な、子宮の機能も下がってしまいます。

たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。

ビタミンB群のひとつである葉酸は、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。

また、厚生労働省が推奨するようにサプリメントを活用するのも良いと思います。

妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。

普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。

葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも販売されています。

サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。

妊娠してから便秘がちになったという方が決して珍しくありません。

この便秘を防ぐためにも、腸の中の細菌バランスが整っていないとどんなに栄養素を摂取しても腸から吸収されなくなります。

葉酸などの栄養素も、腸内細菌の働きによって吸収が進むわけで栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も常に考えないといけません。