葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

漢方は妊活に使われることもあります。即

漢方は妊活に使われることもあります。

即効性はありませんが、漢方は体質を改善するような効果がありますので身体を妊娠しやすくするのに役立ちます。

昨今ではドラッグストアでも買うことができ、容易に手に入れることが可能です。

費用が心配だという方には、漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。

診察を受ける必要がありますが、健康保険適用となり、費用がおさえられるでしょう。

妊娠している全ての女性がすこやかな子供の発育のために「葉酸」を、多く摂って欲しいのです。

名前の「葉」から連想してキャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。

葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。

何が葉酸を多く含んでいるか知っておき毎食、確実に摂れると良いですね。

葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。

ですので、調理法にちょっとしたコツがあります。

葉酸摂取を目的とした食事には、なるべく加熱せずに食べられるメニューを選ぶのが良いでしょう。

とはいえ、生食だけの食事は現実的ではありません。

熱を通す必要があるならば、ぐつぐつと煮込むような、長時間の加熱調理が必要なメニューは避け、サッと熱を通す程度にした方が良いです。

もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリで摂取するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。

妊活している方にとって、コーヒーの常飲は不安に思う方も多いですよね。

よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、妊活中は避けてた方が良いというのは、その通りでしょう。

とはいえ、コーヒー好きで我慢できないという人は、ストレスが妊活に悪影響を与えないように、1日2杯から3杯を上限に飲む方が、ストレスが厳禁な妊活には良いでしょう。

市販されている食品のうち、葉酸を多く摂れるのものは必ず特定保健用食品のマークがついています。

これは消費者庁認可のマークで、食品について入念な個別審査をしてから食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。

特定保健用食品のマークを探して、それがどこかにあれば消費者庁の認可を受けていることの保証がされているので、葉酸を強化した食品を選びたいときにも一つの判断材料にしてほしいものです。