葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。

しかし、男性にも出来る妊活があるんです。

それが葉酸の摂取です。

流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。

妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も影響があるものと言えば、食事ですよね。

普段から妊活を頑張っている方は、いつ赤ちゃんを授かってもおかしくないという事ですので、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。

中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。

忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からお腹の中に新しい命を授かっています。

早い段階で十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。

効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、サプリや強化食品、錠剤などを使ってしっかり量を確保すると良いでしょう。

妊娠している女性や、産後の女性など通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず食事から摂れる葉酸だけでは効率よく摂れない場合、もしくはかなり悪性の貧血を改善するために鉄分とともに、良質の赤血球を増やす目的で集中的に注射で投与することも考えられます。

妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。

このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。

レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。

または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。

食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。

食材から葉酸を多く摂ろうとすると、葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがいくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、葉酸が豊富な食材だけを毎日食べるのは、普通の人には耐えがたいことでしょう。

上手に葉酸を摂れる方法の一つにスムージーはおすすめできます。

作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜や味を調えるための果物と水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。