葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が適切な時

妊娠に大切な葉酸厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。

そのため、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。

ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示された規定量を必ず守るようにしてください。

特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、葉酸を摂取する効果はずいぶん広まってきました。

ただ、葉酸の摂取は妊娠に気づいたときでは遅いというようなやや厳しい指摘があります。

葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸を多く摂っておくことが胎児の発育にとって重要となるためです。

だとすれば、子供を授かりたいと考える方はすぐに葉酸をしっかり摂取することが摂取による効果を考えると大事でしょう。

積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも望ましいものであることは、世間でも良く知られています。

とはいっても、ただ摂取するのではなく、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方をできるなら、さらに良いですよね。

あまり知られていないのですが、果物によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。

具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、生の状態でももちろん、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。

お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。

妊娠成立から出生前の赤ちゃんにとって葉酸が必要なだけでなく、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。

最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸が最も盛んに使われることになりますから、理想的には、妊娠前から継続して積極的な葉酸の摂取を心がけておけば望ましいと言えます。

妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、サプリなどを補助的に使って、必要な量を確保しましょう。

少子化と同時に男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、現時点で我が国の医療では男女を産み分ける確実な方法はまだ見つかっていません。

そういったことはよく分かっており、それにもかかわらず、諦められないのならば、後述の方法をやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。