葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

赤ちゃんが欲しいと思っている

赤ちゃんが欲しいと思っている方は毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、妊娠初期に葉酸の不足が続くと、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。

葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されにくい宿命を持つ栄養素でもあります。

葉物野菜、例えばモロヘイヤやほうれん草はもちろんですが、果物やレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。

一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか中には気になっていらっしゃる女性も相当数いると思います。

その問いに対する答えとしては結婚している人もしていない人も、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでも行うべきものだと言っても過言ではありません。

妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠しやすい体を作っていくために行われる、様々な活動に使われる言葉です。

なので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。

それはつまり、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。

この話は当然、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。

実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。

ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、妊活中から葉酸を摂るように意識しましょう。

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

その効果は厚生労働省によって妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。

では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。

実は葉酸は、水溶性であるため、尿、汗と共に体外に排出され、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。

ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

妊婦さんには、便秘がちになる方がちらほらいらっしゃるようです。

この便秘を防ぐためにも、腸の中の細菌バランスが整っていないとあらゆる栄養素がしっかり吸収されず、体内で働くこともできなくなります。

どの栄養素も、腸内で細菌が働くことにより吸収され、体内で使われるため、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも常に考えないといけません。