葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

今現在、妊娠を考えている、あるいは

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食生活以外に、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が通知を出しています。

葉酸の適切な摂取は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。

葉酸は食品からの摂取以外にも、サプリメントを利用する事も出来ます。

その場合にはサプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、添加物や化学合成ビタミンが入っていないサプリメントを選ぶことが忘れないようにしてください。

葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、無事に妊娠初期を過ぎた頃にそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。

妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようでお腹の調子が悪くなってしまいました。

妊娠後期に入ってからは、産院で貧血と言われヘム鉄の配合された薬を服用しましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れる葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。

葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が判明しました。

こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸サプリに代表される補助食品のうち、いくつかは特定保健用食品に指定されているものもあります。

こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦が利用しているケースもよく耳にします。

暑くなってくるにつれ、知らず知らずのうちに冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが女性の中でも妊活をしている方は極力冷たい飲み物は避けてください。

その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。

飲み物も重要ですが、その他の生活全てにおいても、日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。

妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方も多いのではないでしょうか。

頭に入れておいて欲しいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。

葉酸と名付けられているくらいですから、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。

果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも言われて、食べるようになりました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。