葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

水溶性ビタミンとして知られる葉酸はどうしても水に溶け

水溶性ビタミンとして知られる葉酸はどうしても水に溶けやすく、一度にどっと摂取しても消化管から吸収されるよりも先に尿とともに排出されることもあります。

従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があるということに気をつけてください。

食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、しっかり摂っていきたい場合は、少しでも無駄なく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。

水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、普通の食事で必要量を確保するのは困難なことが多いので、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。

葉酸サプリを購入するときは加熱処理されていない製品を見つけることがなんといっても大事でしょう。

体を作る成分になるので、天然由来のものを原料にしていること、不要な添加物が配合されていないことといった安全面も、選ぶ際のポイントです。

妊活なんて聞くと、女性が行うものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。

それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみてほしいという事です。

流産や不妊におけるリスク要因は母親側だけの問題かというとそうではなく、男性側の問題だというケースもあります。

特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。

何とかして女の子を授かろうと思い、男女産み分けについて、本もサイトも徹底的にチェックしたのです。

野菜を食べれば女の子ができる、お肉を食べると男の子ができるといった真偽のほどはわからないのですが、がんばってできることを全て実践しました。

そのうちに新しい命が授かり、ひどいつわりに悩まされたときも欠かさず葉酸を摂るようにしていたからなのか無事生まれてきたのは女の子でした。

真剣に妊娠を計画している方は、まずはきちんと産婦人科などに行って一通りの検査を受けるようにしましょう。

検査の結果、体に問題が発見されなくても妊娠に適した体づくりのためのアドバイス排卵の周期を確認した上でちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますので、安心です。

実際に妊娠する前から自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。