葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに豊富

葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに豊富だとされますが、毎日、毎食食べると考えればかなりの負担になりちょっとのことで摂取不足になってしまいます。

きちんと葉酸を摂り続けるためには、食事から摂れる葉酸だけで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。

必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、十分な量の葉酸が摂れれば理想的です。

葉酸サプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、妊娠中期にさしかかってからそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。

急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていてお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。

そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄分を摂るために薬を飲みましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合された葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。

食事から葉酸を摂ることにこだわる必要はなく、サプリメントなどを補助的に飲んで補っても効果に変わりはありません。

さらに、妊娠中や授乳中の女性などより多くの葉酸摂取が必要なのに摂取できる葉酸の量が、食事だけでは上手く摂れない場合や、かなり悪性の貧血を改善するために造血機能を高めることをねらいとして注射して投与することもありえます。

殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚しているというデータがあります。

冷えは妊活には禁物で、体を冷えないようにすることも、妊活において最も重要なことの一つです。

ということで、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。

これらを使ったことで妊娠出来たという人も多く、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと言うことが出来るでしょう。

妊婦や妊娠を望む女性にとって葉酸は必要不可欠な栄養素ですが、その摂取方法で一番良いのは食事で摂る事です。

葉酸はビタミンの一種で、色々な食べ物に入っている栄養素です。

その中でも含有量が多いものは、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆や枝豆、ホタテもそうです。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しい方は、サプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。

サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に摂取できるという訳ですね。