葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

今現在、妊娠を考えている、あるい

今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が通知を出しています。

葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。

サプリメント葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんに悪影響が無いように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大切なポイントだと言えますね。

スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。

ただ、総合的に言えば、偏らない食事にするのが理想的です。

そして体を冷やしたり刺激の強い食べ物は良くないので、産後までは我慢したほうが良いですね。

一口に葉酸の摂取といいますがいくつか考えられるでしょう。

一番手軽なのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。

ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、妊婦の所要量を食事だけで摂ろうとするとよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。

毎日きちんと葉酸を摂るためにもサプリなどを併用する方が現実的です。

もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。

様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。

ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流を悪化させます。

それが原因で、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。

もし、働く女性で強いストレスを感じていて、生活も不規則であるならば、仕事を休ませてもらうことも考えてみてはどうですか。

クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、ぜんぜん妊娠できなくて、友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。

原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。