葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養

葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。

しかし、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を希望している方は、摂取をオススメします。

子供を授かりたいと思うならば栄養の不足や偏りに注意すべきですが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。

ビタミンの中でも、水溶性ビタミンである葉酸は毎日補充しないと不足してしまう性質を持った栄養素なのです。

モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどは葉酸が豊富な食材なので、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。

葉酸の摂取期間についてお話しします。

皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。

では、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。

赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が最も注意する期間ですから、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。

妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。

そんな時には、ハーブティーが好んで飲まれることが多いです。

これはどうしてかというと、第一の理由は体にとっていい効果があるためです。

一例として、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。

その他、リラックスした気分になれる効果も期待できます。

ストレスは妊活の大敵ですが、そのストレスを解消させる働きがあります。

妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。

とくに先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は重要な効果です。

ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、葉酸をしっかりと摂取することが大切だと思います。

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。

サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が難しくないですから一番簡単な方法だと言えます。