葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく場合がほとんどです。

その年で諦めろということでしょうか。

むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

かくいう自分もアラフォーですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、ストレスも限界です。

妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分け法を実践しました。

妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。

結果は無事に女の子を妊娠することが出来ました。

妹が出来た、と家族で喜んでいます。

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは多くの人が知っていますが、それだけでなく妊娠後期に入っても十分な量の葉酸が、母子にとって本当に必要な栄養素だといえます。

胎児の発育を順調に進めるためにも、出産まで葉酸が必要で、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。

妊娠初期だけで終わらせるのではなく、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を意識して摂取するのが一番良いでしょう。

もしあなたが妊娠しやすい体になりたいのなら、欠かせないのが質の良い睡眠です。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素濃度が上がり、その影響で卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

年齢が上がるにつれ、性機能が落ちていくのをなるべく防ぐために妊活時には十分に睡眠をとるようにしましょう。

治療段階で判明する不妊の原因というと、まず、排卵そのものが困難な排卵障害と、受精卵が子宮に着床しにくい着床障害など女性側に原因があるものと、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側の原因とが考えられるでしょう。

原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。

不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けると解決への糸口となるでしょう。