葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉

不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を造る力を強めるという働きがあります。

これは不妊体質の改善にも効果があり、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。

葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。

積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも大変良いことは、ご存知かと思います。

とはいっても、ただ摂取するのではなく、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来るのが理想的だと思いませんか?ご存知ないかもしれませんが、果物の中には体を温める効果が期待できる種類もあるのです。

具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。

季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライの状態のものでも十分効果は期待できますので、積極的に摂ってみましょう。

一度目の妊娠の時、流産してしまいました。

とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また妊娠について前向きに考えられるようになり、妊活を始めました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、以前から冷え症に悩まされていた私は、運動で体の調子を整えることにしました。

その結果、新陳代謝が良くなったためか、基礎体温を上げることができ、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。

どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから手段を問わず、十分葉酸を摂取しないと深刻な葉酸不足を引き起こすかもしれません。

葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、なるべく、妊娠に気づいたらすぐ服用を始めるのが最善だと言えます。

あるいは、妊娠を考え始めたときから摂り始めれば最も良いという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか悩んでいる女性もたくさんいるでしょう。

難しい問いですが、答えるとするならば、結婚しているしていないにかかわらず、そのうち出産をしたい女性であれば、いつでも行ってよいものと言えると思います。

皆さんは妊活というと「すぐに妊娠したい女性がするもの」と思うかもしれませんが、それだけを意味するのではなく、妊娠をしやすくする体にするために行う活動全般のことを意味します。

ですから、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。