葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

一般的に女性は妊活中にお酒を飲むことがないよ

一般的に女性は妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。

それは何故かというと、妊活中であればどの時点でも妊娠している可能性はあると捉え、妊娠していることに気付く前にお酒が胎児に影響しないようにするためです。

それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、体を冷やす作用もあるためできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには向いていないものだからです。

そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、まずはきちんと産婦人科で検査してみましょう。

そうすると、妊娠に相応しい体ができあがっているのか、そうではないのかといったことを早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、妊活を始める前には、ご夫婦で不妊検査を受けてみましょう。

医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、元気な赤ちゃんを授かるうえでも欠かせないものですから、必要不可欠という理由も分かると思います。

妊活の最中はよく飲む飲み物にも気を遣わねばなりません。

カフェイン入りの飲料は受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり妊活には不向きです。

お茶のうち、体を温めてくれて、なおかつノンカフェインのものが最適です。

ミネラルが多く含まれているルイボスティーであったり、漢方薬でもあるたんぽぽ茶などは良いと思います。

流産を経験しています。

ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、しばらく経ってから、「子供が欲しい、諦めないよう頑張ろう」と決めて妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。

サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治そうと運動で体の調子を整えることにしました。

運動によって新陳代謝が良くなったのか、基礎体温が高くなったので、冷え性も良くなったので、本当によかったです。

葉酸サプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。

初めは静観していましたが、妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「男性が飲んでも意味がない。

妊婦と赤ちゃんのための葉酸だから」と却下されました。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思って自分も葉酸サプリメントを飲み始めました。

飲んでしばらくしてから、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、口内炎を起こすことが少なくなってきました。