葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が意外に多いようです。

頭に入れておいて欲しいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。

その名前からしても、葉酸はほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

果物ではイチゴの他、マンゴーにも葉酸が多く、マンゴーが出回る夏に妊娠の診断を受けた私は、ドクターにもおすすめだと言われて、よく食べました。

食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。

近い将来、赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女性がやるべきことは何よりもまず母親になるために体内の状態を調整して準備しておくことなのです。

常日頃からの動作の繰り返しによって体に歪みが生じますが、特に骨盤に顕著にみられます。

そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。

不妊やマタニティに関しての整体治療院が多くなってきています。

赤ちゃんを迎え入れやすく快適に過ごせる環境を作るため定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してください。

葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって大変重要な栄養素の一つです。

それでは、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、摂取をお勧めします。

2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して3年経過しても妊娠しなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。

長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、これをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、何もみつからなければ妊活し始めようと話し合って結論を出したのですが、思い出してみるとこの話し合いをしたことが妊活を決めた瞬間になります。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。

神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。

もちろん、葉酸は食事で摂取できるのが一番なのですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか簡単に管理できますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には是非試してもらいたいですね。