葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろう

妊娠をきっかけに、葉酸をたくさん摂ろうとしている方が決して珍しくありません。

誰もが知りたいのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

名前の通り、葉酸はほうれん草やモロヘイヤなど、葉物野菜には豊富です。

マンゴーも案外葉酸が豊富で、たまたま夏に妊娠が判明し、マンゴーが安かったのでお医者さんにも言われて、食べるようになりました。

マンゴーは食物繊維もたくさん含んでいるので、便秘にも効果があるそうです。

食事からの摂取だけでは、どうしても不足しがちな葉酸は、上手にサプリメントや強化食品を使って毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。

さらに、妊娠中や授乳中の女性など通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも日々の献立の中で、葉酸が上手く摂れない場合や、改善されにくい貧血の治療の中で、鉄分補給と併用される手段として注射して投与することもありえます。

多く摂らなければならないのは妊娠初期と、葉酸という栄養素は広く知られています。

葉酸を食材から摂ろうとすると、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。

納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。

また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。

毎日の献立の中に入れていき、欠かさず食べられると理想的です。

イチゴは葉酸を含む食材として知られており、おやつならイチゴが良いでしょう。

妊娠前もそうですが妊娠中も同じように可能な範囲で体に悪い影響をもたらすものを取り除いていかねばなりません。

そういう観点から、妊活中の煙草は厳禁です。

リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、体にいいものではないことは確かです。

現在喫煙者中の方は、禁煙も妊活の一環として開始しましょう。

赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言われていますが、効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと副作用に苦しめられることがあります。

食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によってその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。

赤ちゃんと自分のためだと言ってもくれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリメントにも標準摂取量が示されていますから、それを厳守しましょう。