葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はほとん

葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説はほとんど常識になっています。

母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。

どの時期に、葉酸が最も必要になるか聞かれるとなかなかわからないものです。

実のところ、妊娠直後に葉酸が最も多く使われるのです。

しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。

サプリメントや錠剤にもなっている葉酸は意識して妊娠初期に摂取することで胎児に神経系の問題が起きるのを防ぐなど成長を側面から助ける効果があるのは有名な話でしょう。

ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸が豊富に含まれるのですが、より手軽に摂取するためにはサプリメントも多数ありますから、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日摂り続けてほしいものです。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にも葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。

正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。

葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期から3か月目までだというのが、よく耳にすると思いますが、母体にとっても欠かせない栄養素なんですよね。

こうした点から、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。

月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、妊娠できなくて、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、私の場合はそれが良かったのでしょう。

早々に二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

妊活を行っている時は普段以上に出来るだけストレスを溜めこまないことが肝要です。

そういった意味から、入浴によるリフレッシュはいいことなのですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うと熱めのお湯に長くつかるということは控えてください。

熱というものは、実は人体に負担を掛けます。