葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲む

皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。

というのも、例えホットコーヒーであってもカフェインが体を冷やしてしまうため、妊活中は止めておいた方が良いのは間違いありません。

けれども、コーヒー好きで我慢できないという人も居ると思います。

そんな場合は結果的にストレスがかかって妊活に悪影響ですので、過剰摂取にならない1日3杯程度までを飲んだ方が健康的だと言えます。

栄養状態の改善や、適切な運動の励行といった妊活を継続して行っていると、徐々に疲労感が増してくる方も出てくるでしょう。

その様な場合にはストレス解消のために子宝神社をお参りしてみるのはどうですか。

たまには自分だけでがんばりすぎず、神様のご利益にあやかろうとしてみるのも前向きに考えるための糸口になるかもしれません。

少子化が一つの原因となって、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、日本の医学の現状では、まだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。

そのことを分かっていて、それにもかかわらず、挑戦してみたいという事であれば、次に書く方法を試してみてください。

どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。

葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。

その摂取をいつまで続ければいいのかと言えば、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。

もしそこまで長く摂れないようであれば、妊娠中期まではなんとか葉酸の摂取を意識してほしいです。

なぜなら、葉酸は赤ちゃんばかりでなく母体や母乳のためにも必要とされる栄養素なので妊娠期間中、また出産後に不足することがないよう意識的に摂ることが必要とされています。

いわゆる不妊症の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが挙げられると思います。

もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。

ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けると解決への糸口となるでしょう。