葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法に注意し

葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法に注意してください。

葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱が必要な食材やメニューの場合、加熱時間を短時間にして熱は通す程度にした方が良いと思います。

もし面倒だな、と感じる方は葉酸サプリメントを活用するのが簡単ですから、おススメです。

女の子を授かることを目指し、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法を徹底的にチェックしたのです。

野菜を食べれば女の子ができる、お肉を食べると男の子ができるといった本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、後は実践あるのみでした。

そうしているうちに赤ちゃんが来て、普通の食事をとれなかったときもサプリメント葉酸を摂っていたためか無事に女の子を産むことができたのです。

妊活と言えば、女性の活動とイメージされがちですが、夫婦の場合は妊活は女の人だけではなく、男の人も行うものです。

そういうことで、男性の妊活として食事について考えていきましょう。

妊活中の男性が摂るべき栄養素として、亜鉛アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。

この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。

こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。

サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

最近のことですが、自宅で可能な妊活の中の一つの方法としてお灸が注目されつつあります。

鍼灸療法は伝統的な方法で、体内から妊娠しやすい体づくりが出来るという事だけでなく副作用を持たないという点もいいですね。

妊活に効くとされているツボは多数あり、ご家庭でも可能なお灸なども登場し簡単に取り入れられるようになりました。

是非とも試してみませんか。