葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

一般的には、布ナプキンだと、

一般的には、布ナプキンだと、洗うことが面倒だったり、漏れるんじゃないかなど、なかなか使う気になれないという人も多いのではないでしょうか。

そうはいっても、下着と同じように布ナプキンは布からできていますのでムレやかゆみの不快感が消え、温かさを感じることができます。

このことから、ストレスが減り、体を冷えから守るという女の人(妊活中に限らず)には最優先して配慮すべきな子宮内の環境を良くするのに貢献するのです。

母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が所要量を毎日摂取したいビタミンだとすっかり有名になりましたが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取は毎日のことですから、けっこう大変でしょう。

葉酸の損失を少しでも減らせるような調理法を知っておけば役に立ちますし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのもぜひ取り入れてください。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では出生数に対して、およそ4%です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが最近有名になってきた葉酸です。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって最も強化しなければならないビタミンだと言っても全くオーバーではないのです。

不妊に効果のある食べ物というと、おとうふや納豆、魚などがあります。

鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、摂取が推奨されます。

しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、一つの食品群に偏らないことが理想的です。

一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は今しばらくは我慢するべきでしょう。

自分の子供を持ちたいと妊活に努める方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。

例を挙げると、鎌倉所在の長谷寺は子宝と関係があり、そこのお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。

それ以外にも、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、複数のアイテムを持ってみてもいいと思います。