葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中の体調を整えることを目

妊活中の体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。

ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。

他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。

赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって多くの効果が見込めるサプリだという事です。

妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。

葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。

では、もし葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。

葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。

葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害を発症する要因になるという研究結果が報告されました。

それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。

そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。

こうすれば、そもそも妊娠のために十分な体なのか、問題がないのかなどが確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。

医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、いいこと尽くしですよね。

私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると障害の発生予防や発育の促進に役立つと、共通して書かれていたため、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。

妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。

ご夫婦で妊娠を考え始めた際、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。

葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、細胞分裂を盛んにするためにも絶対必要な栄養素であり、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。

加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、受精卵が着床しやすくなり、着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。