葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配

妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。

ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。

ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。

さらに自律神経が整い、ホルモンバランスが整っていくのです。

インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、適度に体を動かすことは、新陳代謝を良くし、体をほぐすことに繋がります。

こうした運動は身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。

実は、妊娠を計画している女性に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。

そのため、葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。

胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。

仲良くしている友人が妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。

彼女が言うには冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。

妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。

彼女は漢方を続けていたようです。

その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、良かったと思っています。

不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった婦人科面での要素と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性由来のものとが考えられます。

原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。

赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、男女双方が検査を受けることが必要です。

データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。

妊活中の冷えは厳禁で、こういった冷えを改善させることも重要な妊活のポイントだと言えます。

それに関連して、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。

こういったものを使って以来、本当に妊娠することが出来たという声もあり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと思われます。