葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶

他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶け出る性質があるため、一日の所要量を一度に摂っても体内に吸収されて、作用する前に体外に尿と一緒に排出されることも多いのです。

このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと念頭に置いておいてください。

葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に体内で使われるようにしたいものです。

先天性奇形の発生率というと、現在の日本では出生数に対して、およそ4%です。

奇形のリスクは高齢出産などで高くなりますが、奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそ葉酸だということが知られるようになってきました。

赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、葉酸はあらゆる妊婦にとって最も強化しなければならないビタミンだと言っても言いすぎることはありません。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。

では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。

ですから赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。

葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にもサプリで摂ることが望ましいです。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

不足がちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、不足するよりは多く摂った方が良いと大量摂取に走る方ももしかしたらいるのではないでしょうか。

いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると身体には害になります。

症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。

呼吸障害が起きる重篤なケースも見られます。

1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限です。

食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。