葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。

月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。

私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

熱によって失われやすい葉酸は、食材を調理して摂取しようと考える場合には注意してください。

出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって熱を通す必要があるならば、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリを活用すれば一番簡単だと言えますね。

ご夫婦が赤ちゃんを待っているとき、二人で一緒に葉酸を摂りましょうと言われるようになりました。

ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

赤血球を作るのに役立つだけでなく、全ての細胞が活発に増えていくために葉酸が必要不可欠のため、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。

体を妊娠しやすい状態にするために、欠かせないのが質の良い睡眠です。

ヒトは睡眠不足が続いてしまうと体内の活性酸素濃度が上がり、そのことが原因で、女性であれば卵子、男性では精子が酸化されて劣化することになります。

年齢と共に衰えていく性機能を少しでもキープするため、現在、妊活を行っている人は、睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。

結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、何冊かの女性誌の特集記事で妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、同じことが書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。

いつまで飲んだら良いのかも調べてみましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、母子双方に葉酸は必要だということだったので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。