葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸という栄養素はことに妊娠

葉酸という栄養素はことに妊娠初期の摂取で胎児の細胞分裂を順調にするなど発育発達によい作用があるのは一般に知られています。

葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物に豊富に含まれるのですが、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、女性は、妊娠前から妊娠中まで毎日摂り続けてほしいものです。

葉酸サプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。

初めは静観していましたが、妻に、自分も飲んでみたいと言ったところ、「別のサプリメントを飲んだ方が良いんじゃない」と相手にされませんでした。

そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってサプリを飲むようになりました。

何が大きく変わったと言うこともありませんが、強いて言えば二日酔いの症状が軽くなって、口内炎に悩まされることが少なくなった気がします。

妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。

それもそのはずで、妊娠と葉酸はとても関わり合いの深いものですよね。

それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。

妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。

そのため、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように心掛けてください。

たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば特に問題ないのですが、確認が必要になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。

とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、薬の種類に限らず、妊活中であることを医師や薬剤師に伝えたうえで服用のアドバイスをもらうのが良いでしょう。

子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、何冊かの女性誌の特集記事で葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると障害の発生予防や発育の促進に役立つという点がみんな同じだったので、葉酸をサプリで摂り始めました。

妊娠何週まで摂った方が良いのかも後で調べましたが、摂りすぎは禁物ですが、そうでなければ、母子双方に葉酸は必要だということだったので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。