葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

大体いつ頃から妊活し始めたらよ

大体いつ頃から妊活し始めたらよいのか中には気になっていらっしゃる女性もかなりいるはずです。

大変難しい質問ではありますが、あえて答えるとすれば未婚の女性も既婚の女性も、いつかは子供を産みたいという女性ならば、いつでも行うべきものだと言っても過言ではありません。

妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠しやすい体づくりのための活動を指すのです。

そのため、いつ始めてもいいと言っても過言ではありません。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

自治体の助成金制度を利用しても、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る場合がほとんどです。

40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。

かくいう自分もアラフォーですし、体力と時間とお金のことばかり考えて、疲れきっています。

葉酸は、私が知る限りでも、多くの産婦人科で摂取が勧められているほどです。

産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なく無いそうです。

仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも多少は葉酸を摂れていたと思います。

たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。

胃腸薬や痛みどめなど、市販されているものであれば特に問題ないのですが、安易な服用が問題になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。

とは言っても、身体に影響を与える事には変わりませんので、市販薬や処方箋に限らず、服用する場合は妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが母体のためにも良いでしょう。

栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、意識して摂取することを、妊娠初期から続けることを求められる栄養素です。

サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。

普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので極力、添加物や香料を使っていない安全性が高い製品を選ぶのが正解です。