葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね

妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性側が実践できる妊活もあるのです。

それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。

流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。

男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。

ですので、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。

妊活中には食事の内容にも気を配りますが、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。

妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。

これらのお茶はカフェインが入っていません。

いつ赤ちゃんを授かっても不思議ではない女性にも、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。

実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという話もありますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。

基礎体温表をつけていくとその変化で、体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。

基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。

変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった決まりがあるので、それを守ってつけていくことが大事です。

一日忘れても根気よく続けていきましょう。

赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。

多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。

葉酸がどのような食品に多く含まれているのかというと、一番有名なものはレバーですよね。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。

こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。

昨今の日本では、数年にわたって妊活で大変な思いをしている夫婦も少なからずおられると思います。

少子高齢化だと言われて久しく、希望しているのに子供が出来なくて四苦八苦している夫婦というのは増えつつあります。

もっと国が総力をあげて、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国にしていくべきではないでしょうか。