葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ところで、葉酸とはどのような栄養素な

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。

なぜなら摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けることが出来るという報告があるのです。

具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。

また、厚生労働省が推奨するようにサプリメント葉酸を補給するのも良い選択だと思います。

妊娠しやすい体づくりのために、欠かせないのが質の良い睡眠です。

ヒトは寝不足続きだと、体の中で活性酸素が作られてそれが原因で卵子精子の酸化が進んで、劣化します。

歳をとるごとに低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、妊活時には十分に睡眠をとるようにしましょう。

仲良くしている友人が妊活していた頃の話だったと思いますが、漢方を服用していました。

その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

漢方なら、妊活中でも安全性が高いのではないでしょうか。

漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。

彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。

もしも妊活の結果がずっと出ない場合は、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。

生殖機能はストレスの影響を受けて弱くなりやすく、そのまま継続しても負の連鎖となる恐れもあります。

なので、いっそのこと妊活を休止する決断をすべきかもしれません。

本当に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。

年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。

最も妊活で重要なのは基礎体温を測るということです。

きちんと基礎体温を測定することによって身体の状態の把握が可能で、状態として妊娠しやすいかどうか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など知っておきたいことがわかります。

ちなみに言うと、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことで知る事ができます。