葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発

ビタミンの中でも、葉酸は赤ちゃんの発育に欠かすことができません。

葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、赤ちゃんが生まれた後も、母子を助ける栄養素なのです。

最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸が特に必要になるため、妊娠したいと思うならば、その時から多めに摂るように努めた方が赤ちゃんのためには良いでしょう。

妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、必要な量を摂るために、サプリメントなどを活用していくのが賢明です。

私は、妊娠がわかったすぐ後で葉酸サプリメントを飲むようになりました。

病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいとせかされたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては言われた記憶がありません。

そのため、1袋飲んだところでサプリメントは終了にしていました。

けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、あわてて葉酸サプリを再開しました。

果物を食べる事は妊活中であっても良い効果が期待できます。

とはいえ、なんとなく摂取するよりも、さらに妊活に効果が出るような食べ方ができるなら、さらに良いですよね。

ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。

具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライフルーツでも効果が期待できますよ。

どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。

ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから所要量の葉酸を毎日しっかり摂らないと葉酸が足りないことになってしまいます。

それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが胎児の発育のためには良いでしょう。

できることなら、妊娠を考えているときから摂るのが望ましいという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

妊活中の女性には葉酸を毎日摂っていくことが推奨されます。

どうして必要なのかといえば妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を低減できるためです。

とは言っても、摂りすぎはどうなのかが悩ましいところです。

過剰摂取で起きる問題として、将来的に喘息などが起きやすくなるという説もあります。

ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。