葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し

妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。

食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。

これらのお茶はカフェインが入っていません。

いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。

中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。

妊娠をきっかけに病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、母親学級で説明を受けた方も多いと思います。

こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。

葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。

あるいは、野菜も代表の一つですね。

実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。

葉酸は調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。

女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。

脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が発育を促進する働きをするからです。

どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか教えて欲しい、大体知っているが十分な量を摂れないなどの悩みをお持ちの場合は、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。

健康な赤ちゃんが生まれるように、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。

妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方は葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。

葉酸は他の栄養素と一緒に摂ることで胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。

葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー芽キャベツ、枝豆などにも多量の含有を期待できますが、サプリメントでも効率よく摂れますから、日頃から野菜不足を感じている方や野菜を避けてしまう方には特に良いでしょう。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそれは違います。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大切な期間という訳です。

なので妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。