葉酸、妊活辞典

今、話題になっている葉酸と妊活との関係について詳しく解説していきます

葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはならな

葉酸は、妊娠したらたくさん摂らなくてはならないと焦っている方が決して珍しくありません。

当然知らなければならないのは、何を食べると葉酸を効率よく摂れるか、ではないでしょうか。

その名前からしても、葉酸は確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。

意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。

たまたま夏に妊娠が判明し、マンゴーが安かったのでお医者さんにも勧められて食べていました。

食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようです。

殆どの女性が、「自分が冷え性だ」と自覚しているというデータがあります。

妊活中の冷えは本当に禁物で、この様な冷えから体を守ることも、重要な妊活のポイントだと言えます。

そこで、腹巻や冷え取り靴下といったものが冷え防止に役立ちます。

これらを使ったことで冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡単であり、なおかつ効果のある妊活と言ってよいでしょう。

胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。

食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点ではサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。

では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。

一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。

葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。

なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、食事を見直すことも大切だと思います。

精子卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、食生活が乱れていては卵子精子の活発さは、あまり期待できないでしょう。

育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。

健康的な食生活を続けていくことが大事です。

妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

適切な量をきちんと摂取することで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、積極的に摂取した方が良いでしょう。